食生活,充血,疲れ眼,むくみ,クマ

更年期は閉経をはさんで前後5年ずつの10年間

吉田ところで先生、更年期の症状ってどのくらい続くんですか?田村更年期というのは、閉経を中心に前後5年間ずつの10年間のことを指します。

 

たくさんの女性たちを見ていると、症状が現れるのは、やはりその時期に相当していますね。

 

症状の続く期間は人によってさまざまですが、この10年くらいは、いろいろな症状が出て、みなさん苦労があるようです。

 

吉田閉経は50歳くらいでやってくると聞きます田村そうですね。

 

日本の女性の平均の閉経年齢は50歳くらいです。

 

もし50歳で閉経を迎えたとすると、その人の更年期は、45歳から55歳くらいということになります。

 

でも、いつ閉経するのかは事前にわからないわけですから、閉経してみてはじめて、「あのころのあれは、更年期の症状だったんだ」と気づくというようなこともあります。

 

閉経年齢は50歳くらいが多いといっても、45歳で閉経する人もいれば、55歳で閉経する人もいるわけです。

 

たとえば、結果的に45歳で閉経を迎えた人が、40歳くらいからさまざまな不快な症状が出ていて、まさか更年期症状とは思っていなかったけれど、考えてみたらそのころからもう更年期に入っていたということが実際にあります。

 

閉経年齢には個人差があり、しかもそれは予測ができません。

 

だから「更年期症状って40代の半ばから出るものでしょ」って安心できないんですね40歳で閉経した女性は、35歳で「このごろ調子が悪くって……」と言っているかもしれません。

 

これは、実はもう更年期に入っていたことになりま吉田私の知り合いで、38歳で生理が来なくなった人がいます。

 

でもそのときは、自分ではまさか閉経だとは思わなかったそうです。

 

今42歳なんですけど、顔がカーッとほてって真っ赤になったり、急に汗がダーッと出たり。

 

あとは、イライラして家族に当たったりしてしまうそうで、完全に更年期障害だと言っていましたね。

 

そうはつへいけい田村30代で閉経を迎えるのは、早発閉経と呼びます。

 

最近では閉経とか更年期という言葉が認知されてきて言うのがあまり恥ずかしくなくなったのでふえたように感じられる面がありますが、多分昔からあったのではないかと思いますね20代で生理が止まってしまう人もけっこういるんですよ。

 

吉田そういう人たちって、症状がひどかったりするんですか?田村女性ホルモンだけの問題でいえば、卵巣機能が停止しているわけですから、血液の中の女性ホルモンを測ると当然低下しています。

 

でも、意外に元気です。

 

吉田そうなんですか。

 

田村50歳代で閉経した人たちが更年期障害で苦しむのと、27ー28歳とか35歳くらいで閉経したり、あるいは何らかの病気で卵巣の摘出術を受けて閉経したりした人たちをくらべてみると、元気なのは圧倒的に若くして閉経した人たちです。

 

症状も少ないですね。

 

たぶん若くして閉経した人は、50歳以降で閉経した人たちと違って、卵巣機能は停止したけれこうじょうせんきのうふくじんひど、甲状腺機能とか、副腎皮質ホルモンの機能がじゅうぶんに働いているので、ほかのホルモンによって元気さが補われているということがあるんだと思います。

 

ふつうに更年期を迎えた人たちは、卵巣機能だけではなくて年齢的に言って甲状腺機能や副腎皮質などの機能も衰えてきますから。

 

いろんな症状をサポートしてもらえませんので、若い人の閉経よりは症状が強くなる。

 

だからといって若くして閉経が来た場合のほうがラクだと言っているわけじゃありません。

 

症状全体を見ると、平均的更年期年齢の女性のほうが大変だということ。