ワキガ,脱毛クリーム

Q.ワキガ治療と永久脱毛を併せて行う事はできますか?

私は10代の頃から常にワキ毛の処理をしてきました。

 

はじめはカミソリを使っていたのですが、毛が濃くなってきたような気がしたので、最安値のクリアネオのような脱毛クリームに転換ました。

 

ところがしばらく利用し続けているうちに、皮膚が荒れて、デオドラント剤をつけるとヒリヒリするようになってしまったのです。

 

結局、脱毛も消臭もできなくなってしまい、皮膚科に駆け込む始末。

 

皮膚のトラブルはおさまったものの、薬品を使用するのが怖くなり脱毛はシェーバーを利用し、ニオイ対策には汗パッドや濡れティッシュを使用していましたがワキガ臭にはあまり影響がないのですでした。

 

ワキガ手術で、根本的に治療しようと決めましたが、可能な事なら、永久脱毛もやりたいと考慮しています。

 

ワキガ手術と永久脱毛は並行して可能なのですか?金村民子*22才フリーター。

 

※A.外国ではワキ毛を気にしない女子も多くいますが、日本人女子の時、他人にワキ毛を見せないのがもちろんのエチケットとして定着しています。

 

とくに真夏には、ワキ毛の処理にはかなりの労力を費やしているはずです。

 

ワキ毛の処理には、カミソリで剃ったり、脱毛クリームを使ったりするメソッドがありますが、次から次へと生えてくるので、ひんぱんに手入れをしなくてはなりません。

 

その上自己処理を反復するうちに、皮膚を傷つけたり痛めたりして、皮膚トラブルのきっかけになる事もあります。

 

このところではエステティックサロンで永久脱毛をする人も増大しているようですが、その事例、色々な問題がある事も事実です。

 

というのも、エステで行われる脱毛では麻酔を使用する事ができないので、必然的に苦痛を伴います。

 

加えて苦痛を我慢しながら脱毛を続けるため、何回にも分類て行わなけれぱなりません。

 

ワキ毛の処理は今や多くの女子にとって自然の身だしなみですが、実のところには煩わしいで手間の必要になるものである事は間違いないようです。

 

そんな訳でワキガ手術を行うのと併せて永久脱毛を行うテクニックがある事をお伝えしておきましょう。

 

永久脱毛の手法には、電気脱毛と医療レーザー脱毛があります。

 

電気脱毛のケースは、ワキガ手術でそこそこ、毛根が壊れているステータスで、麻酔も効いているため、電圧を少々高くする事ができ、それ故にパフォーマンスよくちょっとの間で脱毛する事ができます。

 

しかもレーザー脱毛でも、両ワキを処理して1十分程度とスピーディーな脱毛ができるです。

 

とはいっても永久脱毛は、まだ生えてきていないワキ毛は処理できませんので、その後1?2か月の間隔をおいて、3、4回続ける必須があります。

 

ワキガ手術を行うと合わせて永久脱毛を行えばワキガの治療影響もより確実なものになります。

 

また長年にわたって抜く、剃る、薬品で溶かすといった必要ない毛の処理を続ける事は、時的にも経済的にも負担が大きく、皮膚にも要らないな刺激を与え続ける事になります。

 

ワキガ手術にマッチして永久脱毛を行うという事は、ちょっとの間で傷も残さずイヤなニオイと必要ない毛の苦しみから合わせて解放される、大いに合理的な手法であるという事が可能なでしょう。