妊娠,セックスの質

妊娠を呼ぶ「愛のあるセックス」。女性が感じるほど精子と卵子は出会いやすい。

セックスの回数が多い方が妊娠に至りやすいことは,これまでもたびたび述べてきました。

 

ここでは回数だけでなく、その質についても考えてみたいと思います。

 

つまり「愛のあるセックス」こそ「妊娠体質」を高めるセックスだということです。

 

愛あるという言い方は抽象的(?)過ぎるかもしれません。

 

言い換えれば、お互いの気持ちが高まり合うセックス、より激しく燃えるセックスということです。

 

これは精神論だけでなく、肉体的な面からも、女性の快感と男性の射精のタイミングが、妊娠のメカニズムに深くかかわっているとされているのです。

 

女性が深く感じると、頚管粘液の分泌がより高まります。

 

また、射精された精子は、卵子をめざして競泳していくようなイメージをもっている人が多いのですが、これは誤解です。

 

精子が子宮の中へ移行するのは、精子の自律的な運動だけでなく、子宮がスポイトの役割をして精子を吸い上げると言われています。

 

つまり、女性が感じることによって子宮がより収縮し、それによって精子が子宮へと吸い上げられるのです。

 

それはおそらく一瞬の出来事で、そのとき吸い上げられずに腟の中に取り残された精子は、弱酸性という過酷な環境下ではサバイバルできません。

 

ですから、女性が強い快感をともなうセックスは、妊娠にとってはより好条件ということになるのです。

 

あるいは、男性が女性のピークを待てずに射精をしてしまった場合でも、精子は子宮の収縮を待っています。

 

このときに、女性が十分に感じていれば、ゆたかな頚管粘液が精子を守る役目を果たして、お互いのタイミングがずれたときにも最安値のベジママを飲むなど努力すれば妊娠の可能性を高めると考えられます。

 

男女が息を合わせ、寄り添いながら行う愛あるセックスは、「妊娠体質」の大切なポイントである「夫婦仲」をよりよくしてくれる大切なアイテムでもあります。

 

そういう面からも、わたしはやはり「愛のあるセックスが妊娠体質を高める」のだと信じています。